勝率90%を刻む 個人投資家のためのシステムトレード!




100万円を数年で1000万円にする極めて高い再現性を誇る投資法個人投資家のためのシステムトレード

おそらくあなたは、自分の今の投資の力に何らかの力不足や不安を感じていて、
もっと稼ぎたいと思ってこのページを見られていると思います。


私もそうだったのですが、
『どこかで"本物の投資家"がノウハウを提供しているのではないか?』
と、願って情報を集めているはずです。


でも、「コレはいいな」と思うレターのほぼ全てが詐欺師が作ったセールスレター。
言い方は悪いのですが、上手い宣伝文句が戦略的に並べられて、
つい勢いで申し込みボタンを押してしまった経験があるのではないでしょうか?


私にはその気持ちが良くわかります。


でもそのノウハウのほとんどが「使えない」と気付くと、
訴えたくなるほどの憤りを感じたはずです。


だからあなたは心の中できっとこう思っているのではないかな...と思いました。

見るページ、見るページ詐欺師ばっかりじゃ、
うんざりするどころか、人間を人間のように思えなくなってくると思います。


だから私はこのページを作る事にしました。


あなたに、本当に投資で勝っていく方法を知って頂く。
そのためにこのページを公開したのです。


本当は、一番最初に凄まじい実績画像を用意し、
「1ヶ月で○○○万円儲かりました!」というフレーズを並べれば、
色んな人が惹きつけられるのはわかっています。


でも今、私がそんな言葉を見たら、
胃酸がのどまで逆流してくるような深い嫌悪感を感じてしまいます。
だからあえて文章のみでここまでお話しています。


でも、安心して下さい。


あなたがどのような投資をしているのか、
どのような生活を送っているのかは私にはわかりません。


でも重要なのは、
"あなた自身が今どの位置にいるのかを理解する"ということです。


あなたがどこか初めて行く場所に、必ず必要になるのは"地図"だと思います。
その地図を見るときに一番最初に見るのは、"現在地"ではないでしょうか?


まずは現在地を知ること。
それが投資家として成功する第一歩だと考えて下さい。


そういう意味で、以下の9つの項目にチェックリストを用意しました。
まずは当てはまるものをチェックしてみて下さい。

冷静にチェックを行ってください。
このチェックを確実に行わないと、どんなに色んな知識をつけても
時間の無駄になる可能性があります。


いいですか?
しっかりとチェックを行いましたか?


では、あなたの今の状況についてお話をします。


1番~4番の中に一つでもチェックが入ればそれは、
"明確な「買い基準」が無い"ということになります。

ここに該当する人は、
動きのいい銘柄を見つけては「上がりそう...」と思って買ってみたり、
無料で流れている情報や仕手株のように情報操作された銘柄を買ってしまって、
損を出しているケースが多いはずです。

その反対に、5番と6番にチェックがついた人は、
"明確な「売り基準」が無い"ということです。

最初に買うときは少しでも値が上がれば売ろうと思って買ったものの、
その銘柄が調子よくあげると欲張ってしまうのです。
「もっと上を狙えるぞ!」...と思っている間に急落。

反対に買った時よりも値が下がり含み損まで行った場合、
思い切った損切りも出来ず、抱えている間にどんどん下げて最後には塩漬け...
というケースが多発します。

あなたは「買い基準がない」か「売り基準がない」かの、
どちらかに当てはまりましたか?

では最後に7番~9番にチェックが入った人の特徴をお話します。
それは、"メンタル負けしやすいケース"です。

他人の勝ち話を聞いて自分も同じように勝てると思って安易な買いをしたり、
過去にたまたま大勝した経験が頭から離れずに同じような銘柄に手を出して
失敗するケース。

また、「損をしているから損切りしてしまいたい!」という感情と
「でも損はしたくない...、もしかしたらココから上がるかも...」
という振り子のような微妙な感情の狭間に挟まれて精神的にまいってしまう...
という人もいます。

そういう人はストレスの限界に達した時点で、
ある日突然、全部損切りをするケースが多いです。

それ以外にも7番~9番に当てはまる人の中には、
マネーゲームにどっぷり浸かってしまって絶えずお金を動かしていないと
気がすまないという人もいます。


マネーゲームも構わないのですが、そのほとんどの場合で、
明確な買い基準、売り基準が無いために大きな損を出してしまいます。


おそらく相当の実績を残しているはずです。


ただ、そんな人はオリンピックレベルですのであまりいません。


私達のような個人投資家が株式投資で"継続的に勝利を収める"には、
今話をしたてきたチェックに該当しないように投資をすることが重要になってきます。


簡単に言えば、上記のチェックリストに該当しなくても運用できる
『知識』、『経験』、『心』を身につければ、
個人投資家でも勝ちを積み重ねる事が出来ます。


ただ現実的に、それらを身につけるには相当の時間とお金がかかるのは、
あなたもご存知の通り。


知識だって、経験だって、心だって、一石二鳥で身につくものではありません。
何時間も銘柄を研究して、相場を知って、色んな人たちの思惑を知る必要があるのです。
リアルな相場感覚を身につけるために、お金だって必要になるでしょう。


ですが、正直に言ってそれでは時間がかかりすぎると思いませんか?


ですから、これから「明確な買い基準」を持ち、
「明確な売り基準」を持ち、そして「強いメンタル」が自動的に身につく方法をお話をします。


興味深い話です。


私はこの投資法を使って過去4年間、実際の相場で勝率90%以上をキープしてきました。
上記のチェックリスト全てに該当しない方法で、誰にでも簡単に出来ることです。


それをあなたに教えます。


それが、システムトレードと言われるものです。
誰でも一度は聞いたことがあると思います。


システムトレードは簡単に言うと、個人の考えを全く入れない売買手法のこと。

主に、テクニカル分析(※1)をもとに売買条件を決定し、
それに該当する銘柄を購入、特定の条件を満たすと売却を行うトレード手法です。

また、作成した売買条件の有効性は過去データをその売買条件で検証することで、
勝率・利益率などを確かめることができ、勝率のいい売買条件ができれば、
あとはその売買条件の買いに合致する銘柄を購入し、
売りの条件にあてはまれば売却するだけ。

今ではシステムトレードこそ、個人投資家が最も勝ちやすい投資方法だと言われている。

※1 将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の
時系列パターンから予想・分析しようとする手法。

私は22歳から株式投資を開始して今年で11年目です。


システムエンジニアをやりながら最初は情報をできるだけ集めて個人の裁量で
売買をしていましたが、情報に踊らされるだけで思うように勝つことができませんでした。


人間の心は、自分で思っている以上に弱いです。


有料の投資顧問や情報サイトから情報を取得しても結果は大して変わりません。
それらの情報は当たれば大きいのですが、逆に情報に左右されてしまうことも頻繁にあり、
浮き沈みの激しいトレード手法だったのです。


精神的にまいってしまって辞めました。


そして2005年。

たまたまシステムトレードの噂を聞いて、
トレード条件の作成・検証を開始し、過去10年間から買い条件・売り条件を設定、
検証を行うようになりました。


これも、正直に言って簡単なことではありません。


何度も仮定と検証を繰り返す作業の連続で、
仕事をやってはグラフを眺め、グラフを眺めては寝る...。
そんな毎日を繰り返していたのです


でも、私の性分にあっていたのだと思います。


1年の歳月をかけて、
勝率90%の結果を残すシステムトレードを完成させることが出来ました。


ですが、その段階では過去データからの机上の理論。
いざ実際に売買するとなると相当な不安に繋がります。
到底システムのルールに従える心境ではありません。


ですから2006年1月から2006年6月までは、
実際の売買はせずに作成したトレード条件で想定売買を行って相場を監視。


半年間の間、記録を取り続け、そして...、2006年7月。
84銘柄のうち79銘柄が30日間で+10%を達成。
全て購入していれば、勝率94.04%、利益率743.3%記録


「いける!」


意を決して売買の開始です。


予想以上に実績が残りました。
その結果が以下の表です。

見て頂いた通りですが、


システムは出来上がっています。
研究し尽くされた買い条件、同様に売り条件。
あなたは従うだけで同じ勝率を叩き出す事ができます。


ではその手順です。
とても簡単な話しですが、
このシステムトレードでは以下の4つの作業で売買が完了します。

いかがでしょうか?
たった、これだけです。


意外な程に簡単なのが、「完成されたシステムトレード」です。


この4つの動作をさらに詳しくお話しましょう。



夜にその日の相場結果から買い条件でチェックをし、
銘柄があれば「成り買い」注文を入れる。


資産の10分の1を目安に1銘柄を購入する。
資産100万円の場合1銘柄10万円までとし、
単価が10万円を超える銘柄は購入しない。

また、単価が5万円の銘柄であれば2つ買いとし、2万の銘柄なら5つ買いとする。
基本的に1銘柄あたりの購入金額は個人の資産に応じた額にする。


翌朝相場が始まった後、「成り買い」注文を入れた銘柄が買えたことを確認する。
その後、買値に+10%上乗せし、「指値売り」注文を入れる。


購入して立会日で30日経過しても売れていなかった場合は、
30日目の夜に指している売り注文を「成り売り」注文に変更する。

すると31日目の朝に売却されて終了。


システムトレードで最も重要なのは『勝率』です。


勝率が高いからこそシステム的な売買を自分で行うことが出来るのです。
投資に不安な点があるとすぐに根負けしてしまいます。


また、前もってお話しますが、
このシステムトレードの場合、買いのサインは逆張りから出されます。


売買数については1年あたり数十銘柄の売買をしています。
そのために過去10年間の中では2005年の上昇相場のように
1年に一桁しか買いサインがあがらないこともあります。


あらゆるリスクを排除したシステムに則って投資を行っている結果ですから、
当然と言えば当然です。


変なリスクは犯したくありません。


また、実際には同じ売買条件でも一人ひとりの資産額が違います。
資産額が違えば、その金額によって「買える銘柄」も変わります。


例えば、資産が300万あれば1銘柄の購入単価を30万と設定します。
ですが全ての銘柄が均一の30万で販売されるわけではありません。
1万円のものもあれば、30万円以上のものもあります。


場合によってはせっかく買いサインが出ても、
その銘柄が単価30万円を超えていれば、購入できないというルールになります。


また、そのサインが10銘柄出たとすれば、
300万円の資産では全ては買えないという現象が起こるのです。


つまり「買いサインの取りこぼしが出る」ということです。


このように実際の運用では買いサインが上がった銘柄が資産状況や、
その日時点の持ち株の状況によって購入できないことも十分ありえるのです。


私達の資産は無限にあるわけではありません。
資産は有限であり、その範囲内で運用するのが普通。


ですから投資ノウハウを購入する場合、
自分の今の資産に応じて、実際どのように運用できて、
どのように資産を増やせるかを明確に確認する必要があります。


これから、2006年から今までの相場で実際に運用した結果を
資産100万、200万、300万でスタートした場合のそれぞれで
お見せします。


その時の単価で買える銘柄が変わりますし、買える銘柄数も変わってきます。
あなたの資産と照らし合わせてご覧下さい。


このシステムトレードを使った資産の運用方法は、全部で4種類。

この4つで運用して頂きます。
簡単に説明しましょう。



100万でスタートした場合、1銘柄10万で10銘柄まで購入する形式。


100万でスタートした場合、
1銘柄あたりの単価を上げて、1銘柄20万で5銘柄まで購入する形式。


資産100万であれば、「現物のみ+資産10分割」と同様、1銘柄10万。
それに加えて信用銘柄で10万×10銘柄まで購入し、信用枠100万を使用すること。
結果として10万円の銘柄が最大20銘柄まで購入できることになる。


資産100万であれば、「現物のみ+資産5分割」と同様、1銘柄20万。
加えて信用銘柄で20万×5銘柄まで購入し、信用枠100万を使用すること。
結果として20万円の銘柄が最大10銘柄まで購入できることになる。


保有銘柄を0にした状態で資産が100万から150万に増えていれば、
その資産を10分割し1銘柄あたりの単価を15万いうように単価を再設定しています。


購入する銘柄は、どんなにサインが上がっても資産の10分の1または
5分の1で買える銘柄のみ。


他の持ち銘柄があって現金残が足りないときにでる買いサインは
資金足らずで未購入になるようにしました。


スタート資産を元に実際に売買した場合と全く同じになるように集計した結果です。

結果として「買いサイン」が大量に上がったときに取りこぼしが少ない
『信用取引』も使用した運用法が、伸び率に貢献しています。


私は「現物+信用(1倍)+資産10分割」でやっていて、スタートは300万円。
2006年からこのシステムトレードを始めて、2008年10月の稼ぎで資産が1000万円を超えました。


今33歳になりますが、目標としてこのシステムトレードで
40歳までに1億円に届けばいいと思ってやっています。
実際その年の景気などによって変わってくるのですが、現実的に届く数字だと思っています。


1年で100万が1億...という夢のような金額にはなりませんが、
100万円の資産からでも、数年で1000万円を超えることは十分に可能です。


また1000万円までいってしまえば、
そこからさらに数年で1億円も十分に目指せます。


私は今、それを目指しています。


以下は資産の増加状況を『グラフ』で表したものです。
100万、200万、300万に照らし合わせてこのシステムを運用した場合のグラフですので、
今あなたが保有している資産に合わせてご覧下さい。

1.資産100万(2006/01~2006/12)


2.資産100万(2007/01~2007/12)


3.資産100万(2008/01~2008/12)


4.資産100万(2009/01~2009/12)

ご覧頂いているように、資産100万円の場合、
必然的に1銘柄を10万円で購入できる銘柄が少なくなります。
そのために、5分割にした方が購入できる銘柄が増えて伸びがよくなります。


1.資産200万(2006/01~2006/12)


2.資産200万(2007/01~2007/12)


3.資産200万(2008/01~2008/12)


4.資産200万(2009/01~2009/12)

資産が200万円の場合は、
「現物+信用(1倍まで)+資産10分割」と「現物+資産5分割」とそれほど変わらないことから、
1銘柄あたりの購入単価は20万以上が望ましいことがわかります。


1.資産300万(2006/01~2006/12)


2.資産300万(2007/01~2007/12)


3.資産300万(2008/01~2008/12)


4.資産300万(2009/01~2009/12)

どの資産の場合でも2008年10月は信用取引を利用している方が
伸び率が高い事がわかります。
これは2008年10月の相場の急落で大量の買いサインが上がった事に原因があります。


結果としてどの資産でスタートしたとしても、
「現物+信用(1倍まで)+資産5分割」が一番増加率が高くなります。


これは一銘柄あたりにかけられる金額も高く、信用を利用することで、
取りこぼしがほとんどなくなることに原因があります。


ただ、以下のグラフを見て欲しいのですが、

2008年10月15日の周辺を見ると、資産が大きく減ったように見えると思います。


これは銘柄を購入したのち、反転待ちで含み損が多くなったケースです。
最終的にはあとで利益が大きくなるのですが、
信用取引に慣れていない場合は精神的に不安になる可能性があることを
前もってお伝えしておきます。


私は購入サインが上がったものを出来る限り多く購入して楽しみたいので、
一番購入可能数が多くなる「現物+信用(1倍まで)+資産10分割」で運用を行っています。


あとは、あなたがどのように運用したいかによって
資産増加のスピードは大きく変わってくるということです。


以下の画像は、年間実績の取引の詳細を記したものです。

  2006年1月~6月銘柄(テスト期間)
  2006年7月~12月銘柄実績
  2007年1月~6月銘柄実績
  2007年7月~12月銘柄実績
  2008年1月~6月銘柄実績
  2008年7月~12月銘柄実績
  2009年1月~6月銘柄実績
  2009年7月~12月銘柄実績


私はこのシステムで取引をした銘柄の取引明細を全て控えていましたので、
一度ご覧下さい。


最初にお見せした年間別の実績画像に嘘が無い事が
お分かり頂けると思います。

全てを正直にお話しておくべきだと思いました。
このシステムトレードを使用すると、デメリットが2つ生まれる事になります。

システムのルール上、+10%で勝手に売れてしまうので
後でみたときにその銘柄が+10%を通り越して、
ストップ高で終わっていたりすることがあります。


しかし、ストップ高までの利幅は取れずとも、
自分も購入時の株価から+10%で勝って終わっているので
さほど気にはなることはありません。それがシステムトレードだからです。


ちなみにずっと売りを入れているので、
朝、寄り付きが高い場合は+15%とか+20%で売れる場合もありますが、
これはオマケとして考えて下さい。

このシステムの買い銘柄をチェックする条件が逆張り(下げたものを買う)条件のため
全体相場が好調の場合は買い銘柄が出にくくなります。


ただこれはトレード条件を作成する過程で順張りと逆張りを検証した結果、

1.逆張りの方が勝率が高かったこと
2.順張りで銘柄を抱えているときに2008年10月のような相場全体の急落が
あった場合に損が大きくなる可能性がある

などを理由に、
確実に資産を増やしていくためにトレード条件を逆張りのみにしています。


(これは一応デメリットとしてあげていますが、実際は勝てる率の高いときだけ
勝負をするのが正しい姿であり、「休むも相場」とあるように銘柄があがらないときは
投資をしないのが、このシステムのルールです)


このシステムトレードのメリットは、
私達個人投資家に大きな恩恵をもたらします。

もし各銘柄の単価ごとにバラバラで購入してしまうと勝率が90%だったとしても
勝ち銘柄の単価が安く、負け銘柄の単価が高ければ、トータルとして収支はマイナスになる
こともありえます。

ですが購入額をほぼ一定にすることで購入時の価格から+10%の利益が活きて
残り10%の負けがあっても確実に資産を増やすことができるようになっています。


これは+10%の決まった額で売りを30日間ずっと入れておくことで得られるメリットです。

・日中相場を見ている必要もなし
・もっとあがりそうだからと欲を出すこともなし
・さらに上を狙って結局取りこぼすという個人投資家にありがちな失敗を無くせる

などのメリットを享受することが可能です。


売却ルールをきちんと決めておくことで、
個人投資家にありがちな「損切りができない」という問題と、
「塩漬けによる運用効率の悪化」を無くすことができます。

株式投資は1回限りの勝負をしているのではなく、
年100回の勝負をして最終の勝敗を決めます。

あるかないかわからない戻りに期待して塩漬けにすると
資産を回す事ができず、他の買いサインを取りこぼすことにも繋がります。

私はシステムトレードをやるようになって資産の10分の1で銘柄を購入し、
その+10%の利益を取るということを繰り返しています。


資産の10分の1で+10%の利益だと1銘柄あたり全資産の+1%の利益になります。
裏を返せば仮に1つの銘柄で-20%出たとしても全資産の-2%です。


私は全資産に対して、勝率90%が期待できる銘柄だけで勝負し、
この+1%のプラスと数%の負けの売買を積み重ねて、
年単位では全資産に対して数十パーセント~100%以上の利益を出し続けています。


極端な話をすれば10銘柄で勝率80%としても8銘柄勝ちで全資産に対して+8%です。


ということは、仮に残りの負け2銘柄が-40%ずつで負けたとしても全資産に対して-8%ですので、資産は減ってないのです。こうして見ると


勝率のいい条件で銘柄を見つけられれば負けるわけがないと思いませんか?


これを実感として体感できると、負け率10%は普通に思えるようになり、
それまで損切りできなかったのが嘘のように損切りできるようになります。

私はこのシステムトレードを作るために、過去10年のデータを集め、
そして仮説と検証を繰り返し、ついには90%の勝率をたたき出すようになりました。


そうです。勝率90%です。


買い条件を豊富なデータ量で予測し、決まったルールで購入。
そして決まった売りのルールに則って売却。


本当に簡単な事です。


このシステムが出来上がるまでは苦労の連続でしたが、
いざ出来上がってしまえば、やることはたったの4つ。

本当にこれだけで、私は300万円程度の資産を約4年程度で1000万まで増やしました。
4年で1000万円です。複利の計算を抜かして超単純に計算すれば、
『1年で175万円を本業以外から得た』という事になります。


1年で175万円です。
これは少ない金額でしょうか?


また、300万円を1000万円まで増やすには4年かかりましたが、
1000万円を1億にするにはあと数年で達成できると目論んでいます。


巷では「月に○○円稼ぐスキャルピング」とか、「15日で100万稼ぐデイトレ」とか、
めちゃくちゃな理論をまるで正義の剣のようにかざして、
最高のノウハウとして販売されていますが、


私にはそんなノウハウ実践する勇気はありません。
ありえない話だからです。そういう話には必ず裏があります。


私は少ない資産を数年かけて1000万にし、
数年かけて1億円にできる、このシステムが性に合っていると思います。


あなたはいかがでしょうか?
ローリターンはローリスクです。でもハイリターンはハイリスクなのです。


あなたは、この勝率90%のシステムトレードに一体幾らの価値を感じて頂けますか?


資産の量によっては本当に数年で億を狙えると確信しています。
億の資産が手に入ったら、それを数億にするのは簡単な事だと思います。
もしそうなれば...


もう嫌な事をやらなくていいと思います。


さて、今回のこのシステムトレードの買い条件と、
特典の3つをお付けして、
下記の金額でお譲りすることにしました。

お申し込みボタンクリック後、お申込みフォームが表示されます。
決済方法は、クレジットカード、銀行振込、BitCashからご自由に選択していただけます。


 企業/組織の実在性の認証:
INFOCART INC. は、www.infocart.jp にあるウェブサイトのオーナーまたは運営主体として認証されています。INFOCART INC. の実在性は、公的な記録によって確認されています。

私が毎日チェックしているものをホームページにアップし、
購入者限定で、このシステムが出した買い銘柄を1年間無料で公開致します。

購入者様専用のHPです。
わかりやすい表記、視覚的に見てどこに何があるのかが一目でわかるように
作成させて頂きました。

こちらのHPで公開している内容を元に、
あなたが持つパイロンと、同じ買いサインがでているかどうかをお確かめ下さい。


特典1で購入者限定HPにて買い銘柄をお伝えするのですが、
どんなに実績をお見せしても、それだけでは売買ルールに対する不安が
残ると思いました。

きっと多くの方がいきなり投資をすることはなく、
まず市場に合わせて仮想の運用シミュレーションをすることと思います。

ですので、この特典を付ける事に致しました。

まずは3ヶ月間、実際の相場に照らし合わせてこの売買ルールを検証
してみてください。そして3ヶ月たって『行ける』と判断した段階で、実際の運用を
初めて下さい。


このページでもいくつかのグラフを使用していますが、
同じようにあなたにもこのグラフを使って頂きたいと思いました。

このグラフを使うことで、どの程度の資金を用意すれば、
どの程度の伸び率が期待できるのか、視覚的に分かるように致しました。

予算設定する際に重宝する未来予測ツールの一つですので、
効果的にあなたの資産運用に役立てる事ができると思っています。

この3つの特典をあなたに差し上げることにしました。


ご存知かもしれませんが、
システムトレードは、様々なフィルターをかけて買いの銘柄だけを表示させます。


簡単に言えば、誰がこのシステムを起動させたとしても、
同じ銘柄を「買い銘柄」として表示してしまうということです。


そうなる人数制限をつけないと、一つの株に多くの資本が集中することになります。
予想以上に株価が変動する可能性もあると思いました。


つまり、人数制限をつけます。


ですので今回の販売では100名。
100名の方がこの商品を購入された時点で、このページを閉じさせて頂きます。


よろしくお願いします。


予想される質問をまとめておきます。
その他にご質問がある場合はいくらでもお問い合わせください。

私は株の素人なので、利益が出せるか不安なのですが?
最初は不安かもしれませんが、全く問題ありません。
買い注文の入れ方と売り注文の入れ方がわかれば、
私のような無駄な遠回りをすることなく最初から利益を得ることができます。

仕事がらパソコンの前に張り付けないのですが?
このシステムトレードは、買いの注文を夜のうちに入れておき、一定条件をクリアした段階で自動的に売られるように設定を行います。
そのため、パソコンを見るのは夜だけで大丈夫ですので、仕事をしながらでも
問題なく運用ができます。

いつも売るタイミングで失敗してしまうのですが?
一番頭を悩ますのが利確とロスカットの問題だと思います。
しかし、先ほどからずっとお話している通り利確もロスカットも条件が
明確に決まっていますので、その条件に従って売買して頂ければその悩みは
解消されます。

この情報には、40,000円の価値があるのでしょうか?
40,000円であなたが今後得る利益が最終の答えとなります。

投資方法についても銘柄配信・手順も明確なため、誰でも同じトレードが行えますし、
結果も同じになります。もしあなたが実際に条件にしたがってトレードしたとしたら、
この金額は安いと判断していただけるであろうと思います。

過去に情報商材を買って失敗したが、これは大丈夫?
情報商材で投資法を買ったけど失敗したという方こそ、ぜひ使ってみてほしいと
思います。
買って使えなかった投資法との違いを私が言うよりも実体験としてわかって
いただけると思います。

いままでどのような商材を買われたのかわかりませんが、
これほど個人投資家でも確実に利益の出せる方法は他にはないと自負しております。
何事もプラスに転じさせるためには行動力が必要です。

銘柄の単価はどのように設定すればいいのでしょうか?
だいたい10分の1くらいで設定されるのがいいかと思います。
私は資産の10分の1で設定しているので、10銘柄まで現物で持てるようになります。
すでに書かせていただいていますが、買い銘柄が10銘柄を超える大きな下げ相場の
ときだけ信用枠を使用しています。

システムトレードの場合、利益があがっていても、多くの人に広まることによって
有効性が薄れると聞いていますが、その点についてはどうでしょうか?
今は配信している人数を考慮にいれて、
銘柄の選定条件に一定以上の出来高があることを入れています。

さらに念のため今回募集する人数は100名とさせて頂いています。

2005年の銘柄数が少ないですが今年は大丈夫でしょうか?
2005年はかなりの上げ相場だったため、確かに銘柄は少なかったです。
過去の実績から2005年のような年はそうそうないとは思いますが、

今、上げ相場にも対応するために空売りシステムトレードで勝率80%~85%のもの
を作成済みで、現在実際に売買しながら検証・改良中で85%まであげれる
見込みです。

完成次第、購入者の方へは空売りシステムトレード条件も
提供させていただきます。

パイロンを持っていないのですが、取引は出来ますか?
基本的に、このシステムトレードはパイロンという株式投資ソフトがあって
始めて成り立つものです。

ですのでパイロンを所有されている方、
もしくはパイロンを購入予定の方に購入をおススメしております。

このページではこのシステムを使う事によって、
あなたの資産額に応じてどのくらいの資産増加が見込めるかを出来る限り詳細に
お話させて頂きました。


やることはたったの4つです。

これだけで、資産を増やし続ける事ができるのです。


先ほどもお話しましたが、
このシステムトレードでは誰が起動しても同じ銘柄の買いサインが出ます。
そのために一つの銘柄にお金が大きく流れてしまう可能性を考えて、
100名様の限定でお渡しさせて頂きます。


100名様になり次第このページは閉じさせて頂きますのでご了承下さい。


ここまで長い文章を読んでいただいて本当にありがとうございました。
少しでもこのページで書かれていることを参考にして頂き、あなたの投資生活の
糧となれば、私にとってこれほど嬉しいことはありません。
.


インフォレビューFX/InfoReviewFX headline

【動画あり】価格変動で動く 271 users
サインに従うだけで利益が!? 189 users
トレード履歴アップ中 171 users
毎日70~200万円の利益を 93 users
新世代の売買シグナルだ! 65 users
5年連続で5000万円以上を稼ぐ 166 users
トレーダー育成プロジェクト 215 users
FX1分足トレード手法 196 users
トレーダー育成プログラム 193 users
勝ち組FX道場 77 users
年利12000%の手法 81 users
只今ライブ配信中 116 users
指標トレード必須ツール 329 users
通貨の相関関係表示ツール 195 users
億トレーダー養成プロジェクト 156 users
徹底的にシンプルに 164 users
驚愕のトレードを日本初公開 22 users
月収平均40万円 9 users
億超えスキャルピング 217 users
年間2000pips 年利20%以上! 99 users
経済指標トレード 84 users
動画にてその全貌を公開中! 91 users
5分先を知るFX4つのテクニック 76 users
利益50万円保証 28 users

InfoReviewFX/インフォレビューFX PICK UP

4DFX -錬金スキャルロジック- クロスリテイリング株式会社 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト FXcollege ~FXカレッジ~ 1日30分で出来る低リスクの資産運用を学ぶFX教材 年間2000pips 年利20%以上! インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 【SPS】1日わずか10分で毎日70~200万円の利益を安定して稼ぎ続ける!? FXスキャル・パーフェクトシグナル クロスリテイリング株式会社 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト DirectionArrow売買システム(ディレクションアロー・売買システム)金子 侑太郎 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト

*レビュー、評価、感想、検証結果等を投稿出来ます。






勝率90%を刻む 個人投資家のためのシステムトレード!と同じカテゴリーのレビューページ

次世代型シンプルFX【MilkyWay】 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト
インデックス
スポンサーリンク
免責事項:
当サイトの掲載情報は、当サイトの商品ではありません。お問い合わせ等は直接販売者へお願い致します。当サイトは迷惑メール、スパムメールは一切行なっておりません。今後、迷惑メールはドメイン会社、サーバー会社と共に解析させていただきます。