株価分析・システムトレード検証開発ソフト トレピタ




2010年現在、パソコンの性能は数年前と比べて飛躍的に向上し、投資の分野においても

以前とは比べ物にならないくらい複雑な分析を行う事が可能となりました。

その結果、個人投資家の間で「システムトレード」が大ブームとなったわけですが、

残念な事にシストレで成果を出していると言う人はごく僅かの様です。


なぜ、「勘」や「感情」に頼らず機械的にトレードを行えば稼ぐ事が出来るはずのシステムトレードで、

思う様に結果を出す事が出来ないのか?


その理由は、大きく分けて2つあると考えます。


一つは、ロジックそのものが稚拙だと言う点です。


冒頭でも記載をした様に、現在はPCとインターネットの環境が整備されている事もあり、

ほぼ「素人」の投資家でも、「一時的に儲かった手法」を簡単に公開する事が出来てしまいます。


これは論外として、ではもう一点の理由はどこにあるのでしょうか?


ロジックの作り手は...もう一つの理由は、「システムを理解していない」と言う点です。


「いや、ルールはきちんと把握しているよ!」

と反論をされる方もきっといるでしょう。

もちろん、非常にシンプルな売買条件、例えば移動平均線だけを使った様なシステムであれば、

売買判定と言う部分においては理解する事はさほど難しく無いと言えます。


しかし、システム全体を理解し、作者がどの様な意図でロジックを製作したか、

そう言った点までを理解してトレードに挑んでいる人は、残念ながら非常に少ないと言うのが現実です。


そしてシステムトレードが嫌になるなかなか実運用に移れず、そして仮に実運用に至ったとしても、途中で違和感を覚える事があります。


それはどう言う時かと言うと、そのシステムが自分のスタイルに合っていないと言う事がわかった時です。


「本当は、もう少し長い時間軸でトレードを行いたいんだけど...」

「出来れば、リスクを多めに取って短期売買で積極的にトレードしたい」

「保有期間が数日から一週間程度の、サラリーマンでも可能な売買ロジックがあればなぁ...」

「ある程度の資金量を確保出来るので、中長期的な視野でリスクは控えめにして投資を行っていきたい」


この様に自分が求めるスタイルとの違いが出てくると、本来であれば一定の期間運用を行って

初めて成果が上がるのがシステムトレードであるにもかかわらず、途中で別のシステムに乗り換えてしまう。


こう言う「負のスパイラル」に陥ってしまう危険性があります。


自分に合ったシステムを組むには、どうしたら良いのでしょうか?


その答えは簡単です。

システム開発・検証ソフトを使って、自分好みのシステムを作ればいいのです。


と、申し上げたものの、実際にはなかなか難しいと言う事も承知しています。


では、どういう部分がオリジナルのシステム開発を阻んでいるのでしょうか?

おそらく、ほとんどの方がこの3つの問題点に直面し、システムトレードを諦めているんだと思います。


いかがでしょうか?

多分、9割近くの方が当てはまるのではないかと思います。


この結果、システムでの運用をたった数ヶ月で諦めてしまい、また新しい手法を探しに行く...。

しかし、結果はサッパリついてこない。


その様な負のサイクルに嵌ってしまうわけです。


では、逆に考えるとどうでしょうか?

つまり、この3つの問題点が解決されてしまったら...


トレピタで出来る事トレピタは「株価分析 システムトレード検証・開発ソフト」と冠しているように、

大きく分けて二つの機能を搭載しています。

一つが株価分析・スクリーニング機能で、

もう一つがシステムトレード検証・開発機能です。


株価分析・スクリーニング機能は、テクニカル指標の条件設定を行い、その条件に適合した銘柄を

抽出する機能です。

例えば、「25日移動平均乖離率が終値で-10%を超えている銘柄を全て抽出」と言うシンプルな

条件設定から「いくつものテクニカル指標を組み合わせた複合型」の条件、更には「東証一部の銀行株に

限定する」と言う様に市場や業種の指定など、設定出来る条件は多岐にわたります。

システムトレード検証・開発機能は、様々なテクニカル指標の条件をもとに過去の株価データを使って

テストを行い、組成したシステムがどれくらいの勝率や利益をもたらすのかを検証する事が出来ます。

エントリーやエグジットの条件や保有期間等も設定する事が出来るので、自分のスタイルに合った

システムを開発する事が可能となります。

もちろん、全てをゼロから作らなくても、既存のロジックに改良を加えてシステムを組む事も

出来ますので、初心者でもオリジナルのシステムを使ったトレードを行う事が可能となっています。


納得のいくシステムが出来上がれば、始めにご紹介した「株価分析・スクリーニング機能」を使って

日々の抽出作業を行いながら、実戦トレードに活用して頂くと言う流れになります。

それでは、今回ご紹介する高機能システム開発・検証ソフト「トレピタ」がどの様な点で優れているのか、

それらを一つ一つ見て行く事にしましょう。



続いて、スクリーンショットを交えながら、更に詳しい機能をご紹介していきます。

注:画面は開発中のもので、デザイン等が変更になる場合があります。

時系列データの表示、出力

以下のファイルをCSV形式で出力する事が可能です。

         ・指定した銘柄の時系列株価データ

         ・検証結果サマリー情報

         ・期間別集計のサマリー情報

         ・銘柄別集計のサマリー情報

         ・市場別集計のサマリー情報

         ・業種別集計のサマリー情報


バックテストデータ各種集計ファイルの表示、出力


基本条件設定画面


新規建て条件設定画面


手仕舞い条件設定画面


業種選択画面

この様に、一般的な検証機能から高度な開発まで幅広く対応し、なおかつ使いやすい管理画面で

様々なレベルの投資家の皆様に使いこなして頂く事を目指して開発を行いました。


日常お使い頂く「相棒」「片腕」として、必要十分な機能を備えるとともに、実用面での配慮を

最大限考慮して、一連の作業が行えるように設計をしております。


それでは、実際に使用出来るテクニカル分析と搭載される機能を、一覧でご紹介します。


トレピタで使用出来るテクニカル分析


株価・出来高・売買代金の比較
株価・出来高・売買代金の前日比率
当日終値
ROC
株価ブレイクアウト
出来高ブレイクアウト
平均売買代金
VR(ボリュームレシオ)
和光VR
終値と移動平均線
移動平均線の動き
終値と移動平均線の乖離率
2本の移動平均線
2本の移動平均乖離率
出来高と出来高移動平均線
出来高移動平均の動き
2本の出来高移動平均線
株価変動率
HV(ヒストリカルボラティリティ)
株価とボリンジャーバンドの位置関係
終値と高安移動平均線との位置関係
RSI
RSIの動き
RSIとシグナルの位置関係
2本のRSI
サイコロジカルライン
ウィリアムズ%R
RCI
RCIの動き
RCIとシグナルの位置関係
2本のRCI
DMI(+DI)
DMI(-DI)
DMIとADX
DMIとADXR
MACD
MACDの動き
MACDとシグナルの位置関係
MACDオシレーター
MACDオシレーターの動き
ストキャスティクス(%K)
ストキャスティクス(%D)
ストキャスティクス(SD)
ストキャスティクスFastK(%K)とFastD(%D)の位置関係
ストキャスティクスFastD(%D)とSlowD(SD)の位置関係
一目均衡表
一目均衡表 転換線と基準線の位置関係
一目均衡表 株価と基準線の位置関係
一目均衡表 遅行スパンと株価の位置関係
一目均衡表 遅行スパンと基準線の位置関係
一目均衡表 先行スパン1と先行スパン2の位置関係
一目均衡表 終値と雲の位置関係
一目均衡表 基準線と雲の位置関係
一目均衡表 雲の厚み
一目均衡表 変化日
ピボット
連続出来高増加・減少日数
連続上昇・連続下降日数
連続安値切り下がり・切り上がり日数
連続高値切り上がり・切り下がり日数
連続陽線・連続陰線日数
年初来高値・年初来安値更新日数
期間高値・安値更新日数
期間出来高更新日数
包み足
孕み足
期限切れ
利食い・損切り
利益確保
最小利益
株価逆行
RSIとVRの位置関係
株価とピボットの位置関係


トレピタで設定出来るその他条件・機能


ストラテジーの新規作成
ストラテジーの保存・読込み
株価データ更新
銘柄の4本値・出来高・市場の一覧表示
テクニカル指標を用いたスクリーニング
時系列データの表示・ダウンロード
銘柄の検索機能
CSV出力
チャート表示
市場・業種を限定してのスクリーニング
上場廃止銘柄の除外
ストップ高・ストップ安を考慮しての検証
銘柄保有中での新規建てを考慮した検証
執行タイプの選択(翌日寄り成り・当日引け成り・指値)
取引方向選択(ロング・ショート)
対象市場選択(東1・東2・大・名・ジャスダック・マザーズ・ヘラクレス)
各種指標の条件設定(日経平均・TOPIX・NYダウ)
月・日・曜日・六曜の条件設定
検証期間選択
銘柄グループ選択
レポート表示(サマリー&トレード一覧)
年度別レポート

これら全ての分析項目と機能が、標準で搭載されています。


気になる販売価格ですが...さて、最後に最も気になる部分であると思われる販売価格について、ご案内を致します。


これまでに多少なりともシステムトレードに興味を持たれた事がある方なら、開発・検証ツールが

非常に高価なものであると言う事をご存じだと思います。


一般的に売り切りのソフトの場合、15~20万円くらいが標準プライスであると言えるでしょう。


参考までに現在市販されているツールの価格帯を一覧でご紹介します。


この様に非常に高額となっているのが現状です。


しかし、トレピタの場合はこれらのソフトと同じかそれ以上の機能を備え、なおかつ月々の更新費用を

無料化し、更に操作性を高める等の設計を施して...


こちらの価格でご提供をさせて頂く事に致しました!

動作環境

■OS:WindowsXP、WindowsVista、Windows7

■メモリ:512MB以上(1G以上を推奨)

■ハードディスク:2GB以上の空き容量

■モニタ:800×600ドット以上

■その他の条件1:Microsoft社提供の.NET Framework3.5以上

注:無料でダウンロード・インストールが可能です

■その他の条件2:インターネットに接続出来る環境

クレジットカード・銀行振込・ビットキャッシュ


【投資に係るリスクおよび手数料等に関して】
サイト内で公開している実績、結果、効果は著者の過去の経験とロジックを基に売買を行った結果で、
今後の利益を保証するものではありません。
証券取引は相場の変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
証券取引は取引業者の売買手数料がかかる場合がございます。
本教材は、自己責任における投資行動にご同意される方のみお申し込み下さい。


この価格でご提供出来る理由トレピタの販売価格は、これまでの常識を打ち破る設定であると私たちも思っています。

ではなぜこの価格でご提供が出来るのか?

安いなら安いなりに、何か不便な点があるのではないか?


そう不安になる方もいらっしゃるかと思いますので、ここでその理由をご説明します。


まず第一に、当社では専属のプログラマーを自社で擁しており、基本的な開発費用そのものを

抑える事が出来ています。


またソフトの企画に関しても、現役のトレーダーがそのままプランニングを行うので、

彼らの意見がそのままソフトに反映されていきます。


実はここも非常に大きなポイントになっているのですが、通常は機能の追加や変更等を行う場合、

外部のプログラマーにその都度改良の要請を行い、場合によっては追加の費用も発生する事になります。


しかし、当社の場合は社内に専属のプログラマーが常駐している為、気がついた点や欲しい機能を

随時追加、改良を行っていく事が出来、ソフトそのものを常に熟成していく事が可能となっています。


こうして、ある意味わがままなトレーダーの意見を次々に反映していきながら、価格を極力抑えて

市販化に結びつける事が出来ました。


この様にして完成したのがトレピタとなるわけですが、私たちが普段から実戦で活用しているだけに、

当社でこれまでにリリースしてきた教材との相性も抜群です。


元々の価格設定も低く抑えましたが、ぜひ皆様には初回限定の更にお得な優待価格で、

このトレピタを手に入れて頂けたらと思います。


インフォレビューFX/InfoReviewFX headline

【動画あり】価格変動で動く 271 users
サインに従うだけで利益が!? 189 users
トレード履歴アップ中 171 users
毎日70~200万円の利益を 93 users
新世代の売買シグナルだ! 65 users
5年連続で5000万円以上を稼ぐ 166 users
トレーダー育成プロジェクト 215 users
FX1分足トレード手法 196 users
トレーダー育成プログラム 193 users
勝ち組FX道場 77 users
年利12000%の手法 81 users
只今ライブ配信中 116 users
指標トレード必須ツール 329 users
通貨の相関関係表示ツール 195 users
億トレーダー養成プロジェクト 156 users
徹底的にシンプルに 164 users
驚愕のトレードを日本初公開 22 users
月収平均40万円 9 users
億超えスキャルピング 217 users
年間2000pips 年利20%以上! 99 users
経済指標トレード 84 users
動画にてその全貌を公開中! 91 users
5分先を知るFX4つのテクニック 76 users
利益50万円保証 28 users

InfoReviewFX/インフォレビューFX PICK UP

4DFX -錬金スキャルロジック- クロスリテイリング株式会社 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト FXcollege ~FXカレッジ~ 1日30分で出来る低リスクの資産運用を学ぶFX教材 年間2000pips 年利20%以上! インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 【SPS】1日わずか10分で毎日70~200万円の利益を安定して稼ぎ続ける!? FXスキャル・パーフェクトシグナル クロスリテイリング株式会社 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト DirectionArrow売買システム(ディレクションアロー・売買システム)金子 侑太郎 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト

*レビュー、評価、感想、検証結果等を投稿出来ます。






株価分析・システムトレード検証開発ソフト トレピタと同じカテゴリーのレビューページ

次世代型シンプルFX【MilkyWay】 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト
インデックス
スポンサーリンク
免責事項:
当サイトの掲載情報は、当サイトの商品ではありません。お問い合わせ等は直接販売者へお願い致します。当サイトは迷惑メール、スパムメールは一切行なっておりません。今後、迷惑メールはドメイン会社、サーバー会社と共に解析させていただきます。