証券銘柄トレード/野村HG

証券銘柄トレード/野村HG ウイニングクルー株式会社  インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト
証券銘柄トレード/野村HG
運営:ウイニングクルー株式会社




銘柄探しは時間のムダ?株取引を行うにあたり、銘柄選びに日々時間を費やしたことはありませんか? 株取引で利益をあげるためには、どの銘柄が騰がるかという情報やサインを見逃さないように 何時間もかけて探すことが必要でした。

上昇しそうな株を見つけ出し、大きく上昇するまで待つ。
そこで利益を確定し、また別の儲かる株を探して買いを入れる。

一見単純ですが、思惑どおりにいかず塩漬けになったり、
損切りを強いられることもよくあるのではないでしょうか。
むしろそのような経験の方が多いのかもしれません。

ここで提唱したいのは、「儲かる銘柄を探し出す」のではなく、
特定の銘柄を「儲かるタイミングを見極め、儲かる確率の高いときにエントリーする」ことです。

膨大な時間を掛けて銘柄探しをすることもなく、1銘柄の動きの波を捉えるだけで済むのです。
システムトレードに向くシステムトレードでは、日経225先物やFXがよく取り上げられます。
確かに両者はシステムトレードに向いています。

ここ数年は、日経225先物やFXの取引も一般的になってきましたので、
1つの投資対象や通貨ペアの動きに集中する経験も増えてきたのではないかと思います。

そうした考え方を株式に利用しない手はありません。

しかし、日本の上場株は約4,000銘柄あります。

一見、集中する銘柄を選びきれないとも思えますが、基準を明確にすれば実は簡単です。
それは、日経225先物やFXがなぜシステムトレードに向くといわれているか?

その理由を挙げれば明確になります。
・取引量が多いこと
・過去からのデータが揃っていることがその理由といえるでしょう。

一般株に当てはめると、過去からのデータは上場歴の長い会社でしたら入手できるので、
一番重要なのは「取引量が多い」ことになります。

つまり、流動性が高く「買いたい時(売りたい時)に売買が成立すること」
「自分の取引で株価を動かさないこと」です。

株式1銘柄に集中することは、市場参加者がFXや日経225先物のように注視していないので
歪みが多く出現します。

しかも、取引量も多いので安心してエントリーできるという
システムトレード向き取引方法といえます。
システムトレードは、市場または銘柄・取引商品の持つ非効率性を探るものです。

言い換えると、集団心理による相場の歪み、クセや行き過ぎなどを見つけ出しルール化していくものですので、最適な投資対象と考えられます。

「市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える」

ハンガリー生まれのユダヤ人で、1兆円の資産を築いた投資家、ジョージ・ソロスの名言です。
(『ソロスの錬金術』総合法令より)

人間は、現実を不完全にしか認識できないという発見をし、
巨万の富を築くまでの投資法に昇華させてきました。

我々も、バイアスを見抜き、投資に取り入れるべきではないでしょうか。
最良の大型株とは?それでは、日経225先物に引けをとらない大型株の特徴はどういったものでしょうか?

金融大型株、それも銀行・証券株は1日の取引金額も数百億円単位のものがほとんどと十分な流動性を
備えています。また、ファンドなどの機関投資家が数多く参加するので、
値動きの性質も安定しており、一定のルールが導き易いのも特徴です。

大型金融株であれば、一般の個人投資家が取引したところで株価への影響は無いに等しく、
日経225先物などの特徴である取引量の多さに遜色なくなります。

大型金融株の特徴をまとめると、

ルール化しやすく、取引ルールも複雑ではない
十分な取引金額があるので、自身の取引量による株価への影響はほとんど無い
レバレッジは信用取引を利用することで約3倍まで可能

信用取引を利用し、「売り」「買い」両方から入るシステムが構築できる。
この大型金融株の中から、『野村HGグループ』を取引していくのが
『証券銘柄トレード/野村HG』です。

裁量トレードで勝ち続ける裁量取引でのトレードは必ず儲からないかというと、そのようなことはありません。
裁量取引のデイトレーダーでかなりの資産を築いている人がいるのも事実です。

しかし、そのような裁量で勝ち続けられる人は個人投資家の中の
ゼロコンマ数%程度といわれています。

勝ち続けられる人というのは、もちろん一時期に大きく勝っただけの人は含まれません。
特に新興市場が好調であった2005年頃に、株で何億儲けたといった著書を出した人は
今でも勝ち続けているのでしょうか?
一時の時流に乗り大きく勝てることはありますが、
ひとたび流れが変わってしまうと通用しなくなります。

やはり確固とした自分の投資スタイルを持ち、そのスタイルを続けていける人だけが
勝ち続けている人ではないでしょうか。

それでは、勝ち続けているデイトレーダーというのはどのようなトレードをしているのでしょうか。

著書を何冊も読んだことがありますが、彼らは非常に精神力や体力を使い
トレードに臨んでいるようです。
モニターを10台も並べ、ニュースや値動きを見ながらタイミングを計ることを
場中続けるというのです。
著書の中でもデイトレーダーとしてやっていけるのも10年程度が限界といっている人もいます。

私たちが成功している裁量トレーダーの技術や感性を身につけトレードすることは非常に困難です。
時間的、体力的に長くは続かないのは明らかだと考えます。
テクニカル分析とシステムトレードの違い自分自身の体験ですが、「株価が上がりそうなテクニカル指標の場合にトレードする」という
ルールで大きく利益をあげられた時期がありました。
この方法を続けてさえいれば勝ち続けられるだろうと思ったものです。

しかし、その頃ちょうど始めたばかりのシステムトレードでバックテストを行ったところ、
長期間でみるとほぼトントンという結果になったのです。
検証の結果、そのルールには一時期は大きく勝てる時期があり、
ちょうどその時期に取引していたにすぎなかった訳です。
もちろん、そのルールは以後使わず、バックテストやフォワードテストでも結果の出ているものを
使っているのは言うまでもありません。

このように、一見テクニカル指標にのっとった取引をしていることを
システムトレードと考えがちですが、
情報やニュースに頼った取引と同様に主観的な裁量トレードなのです。

システムトレードは、検証結果から導き出したルールに従って取引を実行するものです。
ルールは数値化されており、どうしてそのような結果となるのかの説明可能もしくは
納得できる理由があるものです。

ただし、ルールを導き出すのは大変労力と時間を要します。必要なデータを取得し、
さまざまなテストを繰り返していく必要があります。 当初は、自分で行ってきた取引方法を数値化することから始めましたが、
バックテストを行うと全く通用しなかったこともしばしばありました。

結果が残せて納得できるシステムを構築するために、新しい指標を取り入れテストを繰り返しました。
精度の高い通用し続けるルールを見つけ出していったのです。

時間をかけてバックテストを繰り返した結果、手にしたトレードシステムは満足のいくものでした。
取引方法は、自分の思惑やアナリスト情報に惑わされず、決められたルールに従って
一貫した取引を執行する。
その繰り返しです。トレードでの不安も極端に減り、残した利益も大きいものがあります。
優位な大型金融株トレードこのトレード方法の優位なポイントは何でしょうか?
証券株を含む出来高の大きい一般株には、取引上優位なポイントが存在します。
特に、次の②③はネット証券が普及した現在だからこそのものであり個人投資家には恩恵といえます。


高い再現性
安価な手数料
信用取引の利用

これらのポイントを、もう少し詳しく説明したく思います。

高い再現性
銀行株トレードシステムは「寄り成り行き」エントリー、「大引け成り行き」決済を行いますので、
約定価格が市場の始値、終値とズレることがありません。
すなわち「スリッページ」が起こらないのです。
板寄せ方式で始値、終値の株価が決まる日本の株式市場では、この方法が最も再現性に優れた
システムトレード向きの方法と考えられます。

株取引の安価な手数料
現在、ネット証券の手数料は会社によっては驚くような低水準まで下がっています。
ネット証券が登場するまでは、値幅を4%ほどとらなければプラスにできませんでしたが、
現在ではほとんど手数料を考慮しなくても良い水準にまでなっています。

1%の値幅をとるだけでも利益となりますので、個人投資家にとっては素晴らしい環境になったと
いえるでしょう。
信用取引の手数料が、取引金額にかかわらず 片道300円程度のネット証券もありますから、
一昔前に比べれば驚きの水準です。

信用取引の利用
信用取引もネット証券が一般的になる前までは、ハードルの高いものでした。
証券会社にもよりましたが、1,000万円単位の証拠金を用意できないと取引ができなかったのです。

現物取引では、自己資金の範囲内でしか取引ができない訳ですから、レバレッジ効果がありません。
また、「空売り」が有利な場面でも「買い」一辺倒しかできず、絶えず上がりそうなタイミングを
待つしかありませんでした。
しかし、現在では30万円程度の証拠金が用意できれば簡単に信用取引が始められますので、
一部のお金持ちにしか許されなかった有利な取引方法が実践できるのです。

これらの現在状況を総合すると、株式のシステムトレード取引は非常に有利な方法であるといえます。
当社では、優秀な成績とロジックを持ったトレードシステムを提供することで、
あなたの資産形成に役立てていただければと考えます。

システムトレードの優位性裁量トレードのように、事後講釈でいくらでも辻褄を合わせた言い訳ができる取引ではありません。
極秘情報や仕手筋情報といった、バクチのような怪しげで不確かな取引方法でももちろんありません。
当社が提供するのは、統計的な優位性に基づいたトレードシステムです。

本トレードシステムは、『野村HGグループ』株の取引で優位性が認められた
システムそのものを提供します。
『証券銘柄トレード/野村HG』の理由ご存知のとおり日本を代表する証券会社株です。
国内外の機関投資家、個人投資家の取引が厚く流動性に非常に優れていますので、
取引したいときに取引できないリスクがほとんどない銘柄です。

また、野村HDは100株単位で取引できますので、、
資金量のハードルも低く取り組みやすい銘柄です。例えば、株価が700円なら7万円で取引可能です。

1株3,000円くらいの株価で1,000株単位でしか取引できない株は結構あります。
このような株ですと、取引金額が最低300万円からとなってしまいますので
ハードルはグンと上がるのではないでしょうか。
信用取引で資金の2倍運用資金を有効に働かせるためには、レバレッジをかけることがもっとも有効です。
すなわち投下資金より多くの取引を行い資金増加を加速させていくために信用取引を利用するのです。

もちろん、闇雲に上限ギリギリまでレバレッジをかけることは避けなければいけません。
当たり前ですが、利益も大きくなりますが、損失もその分大きくなるからです。

では、どれくらいのレバレッジが有効なのでしょうか?

個人の運用スタンスによりますが、2倍程度までが妥当と考えます。
本トレードシステムは50万円の資金からスタートできますが、これは40%までのドローダウンでも
一般的に信用取引に必要な30万円は確保できる計算になるからです。
『売り』から入る有効性どうしても、株取引をする時は『買い』から入りたくなるのではないでしょうか?
それも朝の寄り付きや、週明けの寄り付きではそれが顕著になりがちです。

大型金融株共通にいえることですが、「寄り付き」(または週明け寄り付き)が高く
「大引け」(または週末引け)にかけて安くなる傾向は顕著です。
つまり、『売り』から入る信用取引が非常に有効となります。

機関投資家、個人投資家問わずそうなのでしょうが、朝一番の取引は圧倒的に
『買い』から入る習性があるのです。
『売り』は日中の市場の様子を見てからということなのでしょう。
空売りを利用し、『売り』から入れる信用取引口座は本システムトレード必須のアイテムといえます。
年間平均収益『証券銘柄トレード/野村HG』は収益が年間90%を超えるようなロジックで構成されていますので、
投下資金が年間で1,9倍超になる期待値があります。これは過去の成績ですが、
優位性のあるロジックを基にしていますので、今後も高パフォーマンスの確率は高いものと考えられます。

これまでの銘柄を見つけ出す方法で、年間で90%上がる、
すなわち倍近く上昇する銘柄を見つけることは容易なことでしょうか?
信用取引を利用して投資資金の2倍で運用したとしても50%も上昇もしくは下落する銘柄を
見つけ出すことが必要となります。

アナリストや専門化と呼ばれる人たちに頼ったとしても、
その人たちの推奨する銘柄で思い通りのパフォーマンスをあげてこられたでしょうか?というより、
そもそも銘柄の推奨だけで、売買のタイミングが示されず、検証すらできないものではなかったでしょうか。
取引においてはタイミングが最も重要なポイントであるにもかかわらずです。
売買ポイントは毎日決まった時間本トレードシステムは、上がる銘柄を見つけ出すのではなく、
1銘柄をシステムどおりに集中的にトレードする。
そして、売買ポイントは一定なので最も大事なタイミングを逃しません。

「寄り付き」に成行きでエントリー(売りor買い)し、 「大引け」に引け成行きで決済(反対売買をし
ポジションを解消)します。

それでは、本トレードシステムを実行するスケジュールがどのような流れとなるかご覧ください。

1.データの更新(1分程度)
取引当日の朝7時~9時までにデータを更新します。ボタンをクリックするだけで、
その日のサイン(「買い」「売り」「見送り」のいずれか)表示されます。

2.取引注文/エントリー(1~2分程度)
トレードシステムのサインに従い、売りor買い注文を朝9時までに入れます。
注文条件は「成行き」または「寄り成り」とし、寄付値で約定させます。

3.反対売買(1~2分程度)
エントリーで約定した後の9時過ぎから15時までの間に
「大引け成行き」(後場の引け成り)注文を入れます。 これで1日の終値で約定することができます。

1日でかかる時間としては5分程度です。慣れてしまえば3分もかからないはずです。

お勤めの方でも、取引時間もエントリーは出勤前に注文し、
反対売買もランチやコーヒーブレイク時に注文を入れればお仕事に支障はないでしょう。

ネット証券では携帯に対応している会社がほとんどですので、場所も選ばず注文を入れられます。
電車の中や取引先への外出の途中でも取引が可能です。
エクセルシートのシステムシステムは一般的に扱いやすいエクセルシートですので、
特別なソフトをインストールする必要はありません。
日々データを入力するだけでサインが表示されます。

本トレードシステムは以下のような画面です。サインがどなたにでも理解できるようになっています。

簡単な操作で、高パフォーマンスをたたき出すトレードシステムなのです。


※クリックすると画面がポップアップします。システムロジック『証券銘柄トレード/野村HG』株価、日経平均、ニューヨーク市場の動向をもとに
ロジックを構成しています。行き過ぎによるミスプライスを極力逃さないよう設計されています。


※クリックすると画面がポップアップします。
ロジック自体は見ることができませんが、
2000年1月から現在に至るまでの成績を表示することができます。


※クリックすると画面がポップアップします。
つまり、株価データを追加していけば、今後も成績を継続して表示することができるのです。

運用資金はどのくらい必要ですか?
信用取引口座を開設するのに証券会社へ30万円の入金が必要です。
また、ドローダウンを経ても取引ができるように、余裕を持って50万円程度は必要と考えます。
最大ドローダウンはどれくらいですか?
成績は次のページでご確認いただけますのでご確認ください。

成績ページへ

初心者ですが、始められるでしょうか?
簡単なエクセルの操作ができ、インターネットに接続できる環境があれば
本トレードシステムを始めることができます。
確実に儲かりますか?
検証を経て統計的な優位性を持ったシステムですので、勝つ可能性が非常に高いものとなっています。
しかし、相場では絶対ということはありませんので、余裕資金での投資をお勧めします。
また、短期間では負けることも考えられますので、6ヶ月以上の余裕をもってのぞんでください。
どのような考え方のシステムですか?
株価には人間の心理が大きく影響していますので、偏った株価になるミスプライスが起こります。
それを解析し、統計的に優位なタイミングで取引するのが本トレードシステムの考え方です。
システムロジックを公開していますか?
本トレードシステムはロジックを公開しておりませんが、過去の2000年1月以降の成績がご覧いただけます。 また、将来の成績も日別に表示できるエクセルシートが付いておりますので、結果検証が可能となっています。
トレードシステムはいつまで使用可能ですか?
本トレードシステムに使用期限はありませんので、末永く使用いただけます。
データ更新や取引注文は何時頃行いますか?
取引日当日の午前7時~9時の間の間に更新ボタンをクリックするだけで完了します。
これにより「買い」「売り」「見送り」いずれかのサインが表示されますので、
「買い」「売り」のサインに従って午前9時までに「成行き」で注文を入れます。
必要なデータとは何ですか?
野村HGグループ株価、日経平均株価、ニューヨークダウ指数となります。
これらのデータをYahoo!サイトなどから自動的に取り込むシステムとなっております。
1取引あたりの利益はいくらくらいでしょうか?
成績は次のページでご確認いただけますのでご確認ください。
成績ページへ

掲載されている運用成績に手数料は含まれていますか?
証券各社で手数料が異なるため、運用成績には手数料を含めておりません。
しかし、手数料や買い方金利の安価な証券会社を選択することにより、
利益に対する手数料の割合は非常に小さいものとなります。
お勧めの証券会社はありますか?
「手数料」「買い方金利」の安いネット証券であればどこでもよいです。
現在お使いのネット証券があれば手数料などをご確認ください。
当社お勧めのネット証券は、上手な利用方法も含めマニュアルに詳しく記載しています。
注文は成行き注文と指値注文のどちらですか?
基本的に成行き注文です。詳しく言えば、寄成(寄付き成行注文)と引成(大引け成行注文)です。
ザラ場に張り付く必要はありますか?
基本的にザラ場で取引することはありません。あくまで、「寄り付き」と「大引け」のみの取引となります。
ロスカットは設定されていますか?
日をまたいで持ち越すことなく1日で決済しますので、あまり大きなボラティリティ(変動率)にはなりませんので、ご自身の許 容範囲内のロスカットを設定してください。
ソフトのサインでのロスカット設定は行いません。
月に何回くらい取引するのですか?
「買い」または「売り」のサインの出る割合は45%程度となっております。
ですので月に9日取引程度となります。
もちろん相場の状況で、サインの回数が多い月と少ない月があります。
本システム購入の支払方法は?
クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用頂けます。
システムソフトをインストールする必要がありますか?
エクセルシートとなっておりますので、特別なソフトやシステムをインストールする必要はありません。
本トレードシステムの配布形式は?
システム本体がエクセルファイル、取り扱いマニュアルがPDFファイルとなっています。
ダウンロードのみでの販売となりますので、郵送・宅配などでの送付は行っておりません。
本トレードシステムに必要な環境は?
システムソフトは表計算ソフトMicrosoftExcel2003以上でご利用いただけます。
マニュアルはPDFファイルですので、ご覧いただけない場合
アドビリーダーをインストールする必要があります。
サポートを受けられますか?
ご購入日より90日間当社のEメールサポートをご利用いただけます。 期間内のサポート回数に制限はございません。
携帯電話でも取引できますか?
ほとんどの証券会社で携帯電話からの注文が可能です。ご利用の証券会社ホームページ等でご確認ください。
まだ分からない点があるのですが?
ホームページ右上の「お問い合わせ」をクリックいただき、当社までお問い合わせください。


インフォレビューFX/InfoReviewFX headline

【動画あり】価格変動で動く 271 users
サインに従うだけで利益が!? 189 users
トレード履歴アップ中 171 users
毎日70~200万円の利益を 93 users
新世代の売買シグナルだ! 65 users
5年連続で5000万円以上を稼ぐ 166 users
トレーダー育成プロジェクト 215 users
FX1分足トレード手法 196 users
トレーダー育成プログラム 193 users
勝ち組FX道場 77 users
年利12000%の手法 81 users
只今ライブ配信中 116 users
指標トレード必須ツール 329 users
通貨の相関関係表示ツール 195 users
億トレーダー養成プロジェクト 156 users
徹底的にシンプルに 164 users
驚愕のトレードを日本初公開 22 users
月収平均40万円 9 users
億超えスキャルピング 217 users
年間2000pips 年利20%以上! 99 users
経済指標トレード 84 users
動画にてその全貌を公開中! 91 users
5分先を知るFX4つのテクニック 76 users
利益50万円保証 28 users

InfoReviewFX/インフォレビューFX PICK UP

4DFX -錬金スキャルロジック- クロスリテイリング株式会社 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト FXcollege ~FXカレッジ~ 1日30分で出来る低リスクの資産運用を学ぶFX教材 年間2000pips 年利20%以上! インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 【利益50万円保証】パラダイム・トレーダーFX インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 【SPS】1日わずか10分で毎日70~200万円の利益を安定して稼ぎ続ける!? FXスキャル・パーフェクトシグナル クロスリテイリング株式会社 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト 「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト DirectionArrow売買システム(ディレクションアロー・売買システム)金子 侑太郎 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト

*レビュー、評価、感想、検証結果等を投稿出来ます。






証券銘柄トレード/野村HGと同じカテゴリーのレビューページ

次世代型シンプルFX【MilkyWay】 インフォレビューFX InfoReviewFX FX取引 比較 情報商材 検証 評価 レビューサイト
インデックス
スポンサーリンク
免責事項:
当サイトの掲載情報は、当サイトの商品ではありません。お問い合わせ等は直接販売者へお願い致します。当サイトは迷惑メール、スパムメールは一切行なっておりません。今後、迷惑メールはドメイン会社、サーバー会社と共に解析させていただきます。